子ども連れのファミリーで利用したい宿泊施設のポイント

乳幼児を連れて温泉旅行を楽しむためには

子どもが幼少の時には温泉旅行を我慢する方が多いですよね。小さな子ども連れでの利用・宿泊を許可している施設は近年増えてきていますが、他の宿泊客の方々の目が気になってしまい露天風呂の入浴を避けている方は少なくありません。家族で貸し切りで利用できる風呂が付いている宿泊施設を選択すると、周囲に気にせずに存分に家族でのお風呂タイムを満喫できます。但し、公共の場であることを理解して、一般的な入浴マナーを守って入らなければなりません。事前に子どもの年齢を施設に伝えて入浴可否を確認しておくことも大切です。更に、未就園の乳児と一緒に旅行を楽しみたい場合には、食事や寝具の準備を問わない添い寝プランを利用すれば、お得な価格帯で宿泊できます。

乳幼児連れで利用しやすい施設の立地・就寝スペース

子ども連れの旅行において公共交通機関を移動手段に用いる時には、駅から徒歩5分圏内の立地の宿泊施設を利用すると便利です。特に赤ちゃん連れの際には荷物が多くなりやすいので、アクセス性に優れている施設に活動拠点を置く必要があります。更に、コンビニや売店を併設している施設に泊まると、忘れ物があった時でも安心です。咄嗟に生活用品が必要になった折にも迅速に対処できます。また、洋室に泊まると乳幼児が就寝中にベッドから落下する危険性があることを理解しておかなければいけません。乳幼児と一緒に宿泊する場合には、親子が共に布団で就寝できる和室がおすすめです。宿泊施設の中には、ベビーベッドのレンタルサービスを用意しているところもありますよ。